選ぶならココ!!当サイト人気牛肉通販店

松坂牛やまと
最高級松坂牛通販サイトやまと。味、品質ともに最高級です。松坂牛ステーキを堪能したい方にオススメ
米沢牛専門店 さかの
松坂牛程高価なものは食べられないけど、高品質でおいしいお肉を食べたいなら米沢牛がおすすめです。
松阪牛専門店 松坂牛
最高の松坂牛焼肉を楽しみたい方。牧場から直接仕入れることで新鮮で低価格が実現。

大切に育てられた松坂牛!美味しいですよ^^


日本国内の肉牛産地の中でも、肥育に三年間もの長い年月をかけているのは松坂牛の産地くらいだといわれています。

他の産地での肉牛の平均的な肥育期間は、おおむね二年弱ということが多いそうです。肥育期間が長くなればなるほど、コストもリスクも高くなるということが大きな理由です。

しかし、松坂牛の農家は決して焦ることは無く、三年間の手間のかけ方には思わず感心してしまいます。

あえて三年間という長い年月の肥育をする理由は、そのすぐれた脂肪を得るためだといいます。肥育期間の長い牛のほうが、柔らかく優れた質の良い脂肪が備わるとのこと。短期間で急激に太らせた牛とは全く違う、ほどよい薄さの脂肪がつくのです。

しかし、早く太らせたほうが生産コストが安く済み、どんどん牛の数を増やして出荷したほうが良いのではないかと考える人はもちろん多いでしょう。松坂牛の農家はそこをぐっとこらえて、余分な餌を与えて急激に太らせることなくじっくりと時間をかけて育てるのです。

 

飼育方法はどうでしょう?

 

肥育方法として最も楽なのは、穀物を多く含むエネルギーの高い濃厚な飼料を与え続けて食欲が落ちた段階ですぐに牛を手放すという方法ですが、この方法では飽食状態に牛の体が耐え切れず、すぐに「食い止まり」と呼ばれる食欲がなくなった状態になってしまいます。

この食い止まりは、牛の体に脂肪が回りきって食欲がなくなった状態であり出荷時期の目安とされますが、この時期を過ぎてしまうと肉質は格段に落ちてしまうそうです。

そうならないように、松坂牛を育てる農家は長期間じわじわと太らせて、三年目に食い止まりの時期が来るようにと計算して飼料を与え、上手く仕向けているそうです。

ただ単に長期間育てているわけではなく、たっぷりと手間暇かけて美味しい松坂牛が作られているんですね。

コメントを残す