選ぶならココ!!当サイト人気牛肉通販店

松坂牛やまと
最高級松坂牛通販サイトやまと。味、品質ともに最高級です。松坂牛ステーキを堪能したい方にオススメ
米沢牛専門店 さかの
松坂牛程高価なものは食べられないけど、高品質でおいしいお肉を食べたいなら米沢牛がおすすめです。
松阪牛専門店 松坂牛
最高の松坂牛焼肉を楽しみたい方。牧場から直接仕入れることで新鮮で低価格が実現。

前沢牛はお好きですか?美味しいですよ~^^


松坂牛が「西の横綱」と呼ばれたら、「東の横綱」といえば前沢牛だといわれています。

前沢牛は、岩手県の南部にある奥州市前沢区で肥育された黒毛和牛が、一定の基準をクリアした際にそう呼ばれるものです。岩手県では古くから牛の飼育が盛んだったそうです。

が、どちらかというとそれは役牛として農業の労働力を補う家畜としての位置づけが強かったようです。

しかし、1970年代ごろから徐々に肉牛としての評判が高まり、1984年に全国肉用牛枝肉共進会での最優秀賞を受賞したことを皮切りに数々のコンクールでチャンピオンに輝き、前沢牛としてのブランド名を全国に知らしめたのです。

とんとん拍子で一気に前沢牛の名が広がった裏側には、その長い下積み時代の生産者の努力がうかがえます。

かつて、前沢から初めて東京食肉市場に送り出した百八十頭は、「岩手のガリ牛」呼ばわりされ、やせ牛だという酷評を受けました。その後、その汚名返上のために「前沢牛同士会」などの肥育農家育成のための組織が作られ、肥育技術の研究が活発に行われました。

 

数々のコンクールに受賞してたんです

 

 

 

そうした努力の結果が実を結んだのが、1980年代の数々のコンクールでの受賞なのです。

かつては誰も知らなかった、東北の片田舎である前沢が「牛肉の町」として有名になったのは、前沢牛の肥育農家たちの並々ならぬ努力があってこそなのです。

「東の横綱」と呼ばれる前沢牛の産地では、「牛の博物館」をはじめとした牛を前面に押し出したまちづくりに取り組んでおり、いまや観光に訪れる人もたいへん多いようです。

コメントを残す