選ぶならココ!!当サイト人気牛肉通販店

松坂牛やまと
最高級松坂牛通販サイトやまと。味、品質ともに最高級です。松坂牛ステーキを堪能したい方にオススメ
米沢牛専門店 さかの
松坂牛程高価なものは食べられないけど、高品質でおいしいお肉を食べたいなら米沢牛がおすすめです。
松阪牛専門店 松坂牛
最高の松坂牛焼肉を楽しみたい方。牧場から直接仕入れることで新鮮で低価格が実現。

あの有名な「和田金牧場」の看板とは?


松阪市、かつては嬉野町黒野と呼ばれていた地域の丹精した梅林のわきに立っている「和田金牧場」の看板。

それを横目に歩き進むと、見上げるほどの大牛舎が列をなしている驚くべき光景が眼前に広がります。鉄骨作りの整然とした牛舎には圧巻されます。全長百メートル、幅三十五メートルもの巨大な牛舎が何と十六棟も並んでいます。

松阪市中町の高級牛肉店「和田金」が、直営牧場を開いたのは、昭和四十年のこと。当初は年ごとに百頭ずつ牛を増やし、現在では三千頭を超す規模にまで拡大しています。

三年間肥育すると計算すれば、ざっと年間約一千頭を和田金で消費していることになります。

このような大規模での肥育農家は、松坂牛の産地では非常に珍しいといえるでしょう。

直営牧場を建設した経緯を見てみましょう

直営牧場を建設した経緯は、農耕の機械化に伴って買い入れるべき牛が農家から消える時代を見越して決断されたものだそうです。

和田金牧場では、肉の味を左右する脂肪は、えさで決まるという考えから、それぞれの牛に均質な脂肪を育てることを目標に努力が続けられています。

日によって、味がゆれていては老舗失格ということで、肉質をとことん追求してきました。

牧場長によると、牛の肥育には血統・環境も大切ですが、育てる人間が技たくみを持っていることが重要だ、と話します。ここで語られる技たくみとは、牛の健康状態を見極める観察力のことだそう。

言葉を発しない牛との対話ができなければ牛飼いは務まらない、と牧場長はさらに続けます。

大規模な多頭肥育の現場でも、技術以上に牛へのまなざしを大切にしているのです。

 

コメントを残す