選ぶならココ!!当サイト人気牛肉通販店

松坂牛やまと
最高級松坂牛通販サイトやまと。味、品質ともに最高級です。松坂牛ステーキを堪能したい方にオススメ
米沢牛専門店 さかの
松坂牛程高価なものは食べられないけど、高品質でおいしいお肉を食べたいなら米沢牛がおすすめです。
松阪牛専門店 松坂牛
最高の松坂牛焼肉を楽しみたい方。牧場から直接仕入れることで新鮮で低価格が実現。

松坂牛の現状、そして未来


松阪市を中心とした肥育農家のドーナツ化、そして子牛購入費の負担など松阪牛の産地を取り巻く未来への課題は多岐にわたります。

 

松阪牛の肥育農家は、昔ながらの数頭規模の零細農家が多いことから、行政による支援が不可欠となっています。

松阪市農林水産課では、今ある農家を守りつつ、情熱のある新規就農者の参入に大きな期待を寄せているそうです。さらに、行政としても支援したいという意向を示しています。

 

一例として、農家の負担の大半を占めるという子牛導入費への助成を見ると、行政が松阪牛のためにかなりの予算を割いていることが分かります。

この補助は、県の補助を受けない市の単独事業である点は特記するべきでしょう。

品質の高い松阪牛を生み出すためには?

とびきり高い素牛を取り入れる必要があります。

そういったブランド和牛ならではの事情も含め、松阪牛を守るためにはこういった策が必要なのです。

しかし、行政からの支援をもってしても、高齢化がすすむ松阪牛の肥育農家たちの苦悩は尽きません。

 

助成をもらったとしても。牛を増やすだけの余裕がない農家も多く存在しているのも事実なのです。

子牛購入費の助成だけではなく、えさとなる牧草をはじめとした、ほかの支援策も講じてはいますが、後継者不足、農家の高齢化という現実を突きつけられ松阪牛の農家の衰退に歯止めをかけようと懸命な市の取り組みにも、なかなか厳しい風向きがあるようです。

松阪牛という全国的に有名なブランド牛にも、華やかに見える舞台の裏で様々な問題に直面しているのです。

 

コメントを残す