選ぶならココ!!当サイト人気牛肉通販店

松坂牛やまと
最高級松坂牛通販サイトやまと。味、品質ともに最高級です。松坂牛ステーキを堪能したい方にオススメ
米沢牛専門店 さかの
松坂牛程高価なものは食べられないけど、高品質でおいしいお肉を食べたいなら米沢牛がおすすめです。
松阪牛専門店 松坂牛
最高の松坂牛焼肉を楽しみたい方。牧場から直接仕入れることで新鮮で低価格が実現。

リブロース肉の特徴と美味しい食べ方


リブロース肉は、牛肉のロースの主体となる場所であり、最高部位のひとつとされています。

胸(背)最長筋と呼ばれる筋肉で、牛の背中にあたる部分がこのリブロース肉です。肩ロースとは第6~7肋骨間で切断されており、ばら足の長さはロース芯から約5cmでそろえられています。

きめの細かさ、柔らかさ、風味、どれをとっても一番の部位です。なかでも脂肪が網の目状に入ったものは、最上級の証拠です!

よく肥育された牛のリブロースは霜降りが入りやすく、霜降りリブロース肉のステーキなどは、舌の上でとろけるような美味しさだという表現をよく耳にしますね。

どんな料理に向いているのでしょう

 

また脂肪交雑、いわゆる霜降りの入らない一般的な飼育の牛でも、ロース特有のキメの細かいすぐれた肉質を持っていることが特徴です。

優れた肉質を持っているのですき焼き、しゃぶしゃぶ、ローストビーフ、ステーキなどの代表的な牛肉料理に利用されます。

 

リブロース肉を贅沢にかたまりのまま天火で焼き上げるローストビーフは、お肉の風味が生かされてまさに絶品といえますね。

オーストラリアではリブロースの外側にある、やや堅い「かあぶり」と呼ばれる部分を取り除き、ほとんどロースの芯の部分だけにしたものを「キューブロール」と呼んでいるそうです。

アメリカでは、「リブアイロール」としてヒレ、サーロインと並び、牛肉のなかでも最高部位とされています。

肉食の本場である、米国や豪州でも高い評価を得ているリブロース肉。

お正月の食卓に、リブロース肉のしゃぶしゃぶなどを奮発してみるのも良いかもしれませんね!

コメントを残す