選ぶならココ!!当サイト人気牛肉通販店

松坂牛やまと
最高級松坂牛通販サイトやまと。味、品質ともに最高級です。松坂牛ステーキを堪能したい方にオススメ
米沢牛専門店 さかの
松坂牛程高価なものは食べられないけど、高品質でおいしいお肉を食べたいなら米沢牛がおすすめです。
松阪牛専門店 松坂牛
最高の松坂牛焼肉を楽しみたい方。牧場から直接仕入れることで新鮮で低価格が実現。

外もも肉の特徴と美味しい食べ方


後ろ股の付け根の外側に在ります。もも肉の中では一番きめが粗くて脂肪が少なく、たんぱく質が多いのが特徴です。

ももの中でいちばん運動する筋肉が集まっているため、筋繊維も粗く肉質はやや硬めです。

そんなやや硬い外もも肉ですが、薄く切って炒めものなどに利用したり、角切りにして煮込み料理に使ったりなど、工夫次第でとてもおいしくいただけます。

この部位は、塩漬けにすると驚くほどやわらかくなり、発色して美しい肉色になります。欧米では、とくに好んでこの部位を 塩漬け(コンビーフ状)として、盛んに利用されています。

欧米での食べ方について

外もも肉は、さらに細かく部位を分類してシキンボウ、ナカニク、ハバキの3つの部位に分けることができます。

「ハバキ」はややスネ肉にちかい特質を持つ部位です。「シキンボウ」はひときわキメの粗い部位ですが、欧米では塩漬けにして生コンビーフを作るための最適の部位として盛んに利用されています。

薄くスライスした外もも肉は、すき焼きやしゃぶしゃぶなどに使うと絶品です!厚切りにすれば焼肉や牛カツに、角切りにすればカレーやシチューなど幅広い用途で使われています。

外もも肉は、関西で「そとひら」と呼ばれているそうですが、焼肉屋でこれを見ることは非常に稀と言われています。

長時間の煮込み料理でも、日本人好みのトロトロなお肉にはならないのですが、欧米では逆にそれが好まれる傾向にあるようですね。

したがって、牛外もも肉のレシピを探していると、自然と欧米の料理ばかり見つけられると思います。

コメントを残す