選ぶならココ!!当サイト人気牛肉通販店

松坂牛やまと
最高級松坂牛通販サイトやまと。味、品質ともに最高級です。松坂牛ステーキを堪能したい方にオススメ
米沢牛専門店 さかの
松坂牛程高価なものは食べられないけど、高品質でおいしいお肉を食べたいなら米沢牛がおすすめです。
松阪牛専門店 松坂牛
最高の松坂牛焼肉を楽しみたい方。牧場から直接仕入れることで新鮮で低価格が実現。

牛肉は滋養強壮に大きな効果!


日本で一般庶民が牛肉を食べるようになったのは、明治時代に入ってからということはよ く知られている話です。文明開化がきっかけで、西洋の食文化が取り入れられたことがき っかけでした。

それ以前は、仏教の文化の影響もあり肉食文化はあまり浸透していませんでした。牛は農 業で重要な役目を担う働き手でもあったので、おいそれと食肉用には出来なかったという 背景もあるようです。

しかし最も牛肉忌避の強かった江戸時代にも、牛肉は「滋養強壮の薬」として比較的広く 食べられていたと言われています。

江戸市中には「獣肉屋」「ももんじい屋」と呼ばれる獣肉専門店があり、なかなかの繁盛 ぶりだったとか。

ただ、あくまでもこれらの店の扱いは「薬屋」であり、牛肉は食べ物でありながら食べ物 としては扱われていませんでした。人々も「薬」のひとつとして認識していたようです。

う~ん、現代の私たちからすると信じられないですね。

たくましい身体作りには欠かせない「牛肉」

「忠臣蔵」で有名な大石内蔵助は、堀部安兵衛の父・弥兵衛に「大変滋養があるので」と 牛肉を贈ったという逸話も伝わっていますし、近江牛の産地としても名高い彦根藩の井伊家は、毎年将軍家をはじめとする有力大名に「牛肉のみそ漬け」を贈っていたそうです。

幕末の蘭学者・緒方洪庵の日記にも、「牛を解体し、皆で食べた」という記述が残っています。明治時代になって、一般庶民がすぐに牛肉食を受け入れることが出来たのも、こうした文化の背景あってこそだったんですね。

滋養強壮の「薬」とも言われた牛肉、たくましい身体作りには欠かせないものですね。

コメントを残す