選ぶならココ!!当サイト人気牛肉通販店

松坂牛やまと
最高級松坂牛通販サイトやまと。味、品質ともに最高級です。松坂牛ステーキを堪能したい方にオススメ
米沢牛専門店 さかの
松坂牛程高価なものは食べられないけど、高品質でおいしいお肉を食べたいなら米沢牛がおすすめです。
松阪牛専門店 松坂牛
最高の松坂牛焼肉を楽しみたい方。牧場から直接仕入れることで新鮮で低価格が実現。

お年寄りにも、しっかり食べてもらいたい「お肉」


年を取ると、お肉のような重たいものは身体が受けつけない…そう言って、牛肉をはじめ とする肉類をあまり食べなくなるといった方も多いと思います。

また、歯が減ってしまって固いお肉は食べたくても食べられないといった方もいらっし ゃいますよね。

日本の食生活の考え方のひとつには、年齢つまりライフステージにより、栄養の摂り方を 大きく変えた方が良いというコンセプトがあります。

確かに、成長期には成長にも栄養素を取られ、また活動も活発なのでその点を考慮する必要があると言えます。

また、高齢期には基礎代謝が多少減って、動きも少なくなった場合には、確かに総熱量の 摂り方を減らし気味にするなどの考慮は必要ですね。

しかし、そうは言っても必要な栄養素のバランス自体はライフステージにより大きく変わるものではありません。

「年を取ったら、 魚は良いけれど肉はダメ」といった誤った考え方

大きく変えるべきとする考え、例えば昔の人が言うような「若いときは生臭いものも良い が、年を取ったら菜っ葉と豆腐とゴマを食べていれば良い」ですとか、「年を取ったら、 魚は良いけれど肉はダメ」といった誤った考え方に、その原因があります。

その一つは、ライフステージによる栄養素摂取の違いが、生まれた年代の差によるのに、 それを加齢変化と錯覚することです。

ほんの数十年前と現代では、若い世代でも、お年寄りの世代でも、食品から摂取する栄養 素は大きく異なっているのです。

調理方法を工夫すれば、お年寄りでも食べやすく、美味しい肉料理のレシピは沢山ありま す。

「もう年だから」とは言わず、お肉もしっかり食べてばっちり体の栄養補給をしていきま しょう!

コメントを残す