選ぶならココ!!当サイト人気牛肉通販店

松坂牛やまと
最高級松坂牛通販サイトやまと。味、品質ともに最高級です。松坂牛ステーキを堪能したい方にオススメ
米沢牛専門店 さかの
松坂牛程高価なものは食べられないけど、高品質でおいしいお肉を食べたいなら米沢牛がおすすめです。
松阪牛専門店 松坂牛
最高の松坂牛焼肉を楽しみたい方。牧場から直接仕入れることで新鮮で低価格が実現。

離乳食の悩みのタネ、お肉はいつからOK?


赤ちゃんには、いつからお肉を食べさせても大丈夫?

牛肉や豚肉は、何歳から食べて大丈夫なの?

そろそろ離乳食を食べ始めたお子さんを持つお母さんたちには、こんな悩みがつきもので すよね。

結論から言ってしまうと、お肉は基本的には初期の離乳食には向いていません。

離乳食には「鶏のささみ」と「鶏のひき肉」

ある程度、離乳食になれた子に食べさせることができる食材です。

そんなお肉の中でも最初に食べさせることができるものが鶏のささみと鶏のひき肉です。

お肉の中では、最も低脂肪で消化も良いお肉です。大体8ヶ月頃から食べさせるのがおすすめです^^

鶏のささみや鶏のひき肉を食べられるようになったら、次は鶏の胸肉なんかも食べられる ようになります。

これもお肉の中では消化が良いので、多くの赤ちゃんはすんなり受け入れられるでしょう。

そして、鶏の胸肉も食べられるようになれば、次第に豚肉や牛肉なんかも食べられるようになります。

最初のうちは当然小さく刻んであげないと食べ切れませんし、しっかり火を通すことも忘 れてはなりません。また脂身があるような場合は取り除いてあげるのがベターです。

レバーは鉄分の補給にもってこいの食材ですが、しっかり血抜きをし、しっかり火を通し て調理することを徹底しましょう。レバーは10か月くらいの赤ちゃんから食べさせることができます。

何だかんだで子供はあっという間に成長するので、あれこれと悩んでいる間に、もうステ ーキやハンバーグを食べるようになっているかもしれませんね^^

美味しくて栄養たっぷりのお肉を、しっかり食べさせて大きく育てましょう!

コメントを残す