選ぶならココ!!当サイト人気牛肉通販店

松坂牛やまと
最高級松坂牛通販サイトやまと。味、品質ともに最高級です。松坂牛ステーキを堪能したい方にオススメ
米沢牛専門店 さかの
松坂牛程高価なものは食べられないけど、高品質でおいしいお肉を食べたいなら米沢牛がおすすめです。
松阪牛専門店 松坂牛
最高の松坂牛焼肉を楽しみたい方。牧場から直接仕入れることで新鮮で低価格が実現。

牛肉が黒いのは本当に傷んでる!?


牛肉をお店で選ぶとき、少しでも新鮮なものを選ぶために、ぱっと見色がきれいな赤い色 かどうか、まずチェックすると思います。

そのときに少し黒い色のお肉だと避けてしまったりしてませんか?

実際傷むと、特に空気に触れる面は、黒っぽくなるものです。

でも実は、黒いからといって、必ずしもイコール傷んでいるとは限りません。

のみならず、かえって赤いだけのもの肉よりも、新鮮な場合もあります。

というのも、牛肉の場合、実は生体から切りたてのお肉は、黒っぽい色をしています。

新しくて黒いのか、古くて黒いのかを判断する方法

ここで注意しなければならないのは、新鮮だからといって食べごろ、というわけではないところです。

そこまで新しい牛肉は、新鮮=美味しいというイメージは裏切られ、旨みがありません。

切ったあとは、普通適正な温度管理(0から2度)のもとで、何日間か熟成させる必要があるのです。

では、どうすれば新鮮な黒と、傷んだ黒とを判断するか。

赤身以外の部分の、一般的な選択基準を参考にしましょう。

消費期限をチェックしたり、脂身が黄色くなってないか、ざらついてないか、肉汁が出ていないか、などがポイントです。

それにより、新しくて黒いのか、古くて黒いのかを判断します。

いたずらに、黒いからといってすぐに傷んでいる!と早合点するのではなく、切ったばかりの肉も黒いということを頭に入れておくと、牛肉にまつわる選択肢が増えますね。

コメントを残す