選ぶならココ!!当サイト人気牛肉通販店

松坂牛やまと
最高級松坂牛通販サイトやまと。味、品質ともに最高級です。松坂牛ステーキを堪能したい方にオススメ
米沢牛専門店 さかの
松坂牛程高価なものは食べられないけど、高品質でおいしいお肉を食べたいなら米沢牛がおすすめです。
松阪牛専門店 松坂牛
最高の松坂牛焼肉を楽しみたい方。牧場から直接仕入れることで新鮮で低価格が実現。

牛肉こだわるならタレの使い方にもこだわりましょう


牛肉といえば、栄養たっぷりでおいしくて、というプラスのイメージの反面、世間をにぎ わせたBSE等のマイナスのイメージがあるのも事実ですね。

そのために、みなさん少しでも安全なものを食べたいと、選別の目を肥やしてらっしゃる んではないでしょうか。

実際そんな風潮に合わせて、最近では情報開示が更に進み、インターネットなどで気軽に 生産履歴を調べることができるようになりました。

ただ、安全な牛肉を買う、とそこで終わっているとしたらもったいないです。

焼き終わった肉にタレをつけて食べるようにしましょう

せっかく食の安全にこだわるなら、次はタレもこだわってみませんか?

それには食品添加物を避け、自家製のタレを使うことをおすすめします。

とはいえ、自家製には難点もあり、保存料が入らないために、使いきらなかった分は捨て ることになってしまいます。

労力や時間、保存できないこと、を考えると、ちょっとくじけてしまいそうですね。

ということで、市販のタレでも安全に使う方法をご紹介します。 ポイントは、もちろん無添加にこしたことはありませんが、そうでなければ、なるべく原 材料に「ビーフブイヨン」「アミノ酸」のないもの。

というのも、ビーフブイヨンなどの加工材料は、製造過程においてBSEの不安がある脊髄 などが混入する可能性があるのです。

また、アミノ酸系の調味料の主体である「グルタミン酸Na」は、植物油などと一緒に熱を 加えられる際に発ガン物質をつくりだすことが知られています。

ですので、特に「アミノ酸」が含まれたタレが既に家にあるとしたら、なるべく肉を焼く 前にタレに漬けこまず、焼き終わった肉にタレをつけて食べるようにしましょう。

付随物としてのタレ、以外と盲点だったのではないでしょうか。

どこまでこだわるかは人それぞれですが、それぞれ納得の食生活を送りたいものですね。

コメントを残す